任意整理をする場合 | 債務整理をすればすべてが綺麗に終わる!借金とおさらばしよう!

任意整理をする場合

札束が積み上げられている

もっと具体的に任意整理について説明していきたいと思います。
まず任意整理は裁判所が関与しない債務整理の手続きになります。
支払いにどうしても間に合わない状況だったら必ずやるべきでしょう。

そして任意整理には色々なメリットがあります。
たとえば債権者から督促されるようなことがなくなるので、精神的にはかなり楽になるでしょう。
取り立てされない生活をぜひ取り戻してみてください。

また任意整理をする場合、周囲の身内に知られるようなことがありません。
裁判所を通さずにおこなう債務整理になりますので、官報に掲載されませんし誰にも知られません。
だから安心して任意整理をしてもらえます。

ただし、すべてがメリットというわけではありません。
任意整理をする際にはもちろんデメリットもあります。
たとえば借入を今後5年間はできなくなってしまいます。
要するにしばらくはブラックリストに名前が載ってしまうので、その点は考えておかなければいけません。
また業者によっては、任意整理に関する手続きに応じてくれない場合があります。
そのため業者選びはとても大切です。
そして、自己破産や個人再生と比較してみるとあまり減額できない可能性があります。

上記のメリットとデメリットを踏まえた上で、任意整理をするのかどうかを検討してみてほしいと思います。
基本的には人に知られたくないという場合におすすめすることができます。
ただ減額内容を重視する場合は、別の方法を取った方がいい場合もあります。